縁 il legame

大阪・新深江にある古民家をカウンター6席のイタリアンにコンバージョンした計画である。オーナーより「中に入ると古民家とは思わない空間」という依頼を受け、建物の形状は残しつつ、色彩計画にイタリアの伝統色を使用し、外部の「茶系統」とは全く違う「アンバー色」になる空間を表現した。動線とカウンターを緩やかに間仕切りたかった為、カッパー色の角材をランダムに構成したパーティションは、この空間の軸となっている。また、アンバー色の空間に鎮座しているブラックチェリーのカウンターとも相性が良く、色彩を統一した場を引き締める役割を果たす。訪れた人々が外観のアプローチを体験しながら内部空間に入った時に、視覚の抑揚を感じてもらえればと思う。(松本直也/松本直也デザイン

 

「縁 il legame(エニシ イルレガーメ)」
所在地:大阪市東成区深江南3-16-1
オープン:2022年4月1日
設計:松本直也デザイン 松本直也 大野直子
床面積:25㎡
客席数:カウンター6席
Photo:浅野 豪

【内外装仕様データ】
床:木軸フロアアップ+600角タイル仕上げ(内部床暖房設置)
壁:PBt12.5下地特注色塗り壁仕上げ
天井:PBt12.5下地特注色塗り壁仕上げ
家具・什器:カウンター/木軸+ブラックチェリー突板ランダム板柾貼り(安多化粧合板)+小口同材無垢仕上げ
その他:パーティション/SUS角パイプ銅色特注塗装仕上げ

松本直也/松本直也デザイン
1982年、大阪生まれ。2005年、成安造形大学卒業。2008〜2013年、野井成正デザイン事務所。2013年、松本直也デザイン設立。2017年、株式会社松本直也デザイン設立。2015年〜摂南大学非常勤講師。2021年〜京都芸術大学非常勤講師。

Share