梅乃宿酒造

酒蔵の歴史と文化を体感する場

明治26年創業の奈良県葛城市にある日本酒の蔵「梅乃宿酒造」が、蔵の移転に伴って販売店・ワークショップルーム・酒づくりの見学通路・VIPルームを新たに計画したプロジェクトである。
梅乃宿は長い歴史のなかで、酒造りの伝統を継承し、新しい酒文化を創造する蔵を目指されていた。私たちはその歴史を大切にしながらも、新しい価値創造を模索する梅乃宿らしさを表現することを念頭に置き、梅乃宿が伝える酒のおいしさと楽しさ随所に散りばめることをコンセプトにデザインした。
梅乃宿という名前の由来は、蔵の梅の木に鶯が飛来して風雅なさえずりをきかせてくれたことに由来している。そこで、現存するこの梅の木のモチーフを随所に用いながら梅乃宿らしさを表現。創業当時より酒づくりで使用している樽や麹蓋などを一度解体し、改めて異なるカタチへ造形し直すことで歴史を現代に継承させた。70mにおよぶ通路は、酒づくりを身体で感じていただけるよう、実際に酒づくりを行っている様子を見ていただくと同時に、触覚や嗅覚をもって実際の酒づくりを楽しみながら知ることのできる仕掛けを随所に計画した。
梅乃宿の「伝統と革新の蔵が伝える酒のおいしさと楽しさ」が発信されていく場所になったのではないかと思う。(PROCESS5 DESIGN

 

「梅乃宿酒造」
所在地:奈良県葛城市寺口27-1
オープン:2022年7月1日
設計:PROCESS5 DESIGN 武田憲昭 吉澤生馬 山根光星
床面積:542.41㎡
客席数(VIPルーム):バーカウンター6席
Photo:YFT 山田圭司郎

【内外装仕様データ】
〈ショップ〉
床:レベリング材+表面強化剤(NXTレベルDL/シーゲイト
壁:PBt12.5二重貼り下地左官仕上げ(けいそうモダンコードNO.012/四国化成工業) クロス貼り(RE51248/サンゲツ) パネル材貼り(オーク クリアウレタン/ノスタモ)
天井:PBt9.5二重貼り下地クロス貼り(RE51248/サンゲツ
家具:カウンター/左官仕上げ(村樫のしっくい/村樫石灰工業) 杉板t15名栗加工(NG-03みなも/吉田製材) SUSバイブレーション仕上げ
〈廊下〉
床:レベリング材+表面強化剤(NXTレベルDL/シーゲイト
壁:PBt12.5二重貼り下地クロス貼り(RE51248、RE51350/サンゲツ
天井:PBt9.5二重貼り下地クロス貼り(RE51350/サンゲツ
その他:梅の木アートワーク/麹葢素材+おちょこ(支給品)
〈見学通路〉
床:レベリング材+表面強化剤(NXTレベルDL/シーゲイト
壁:PBt12.5二重貼り下地クロス貼り(FE6858/サンゲツ) フレキシブルボードt4貼り(チヨダセラフレキ/チヨダウーテ
天井:PBt9.5二重貼り下地クロス貼り(RE51350/サンゲツ
家具・什器:樽/FGボードt6.0二重貼り下地杉板貼り 竹箍(沓澤製材所
その他:サインパネル/不燃アルポリ+インクジェットシート巻込み
〈VIPルーム〉
床:レベリング材+表面強化剤(NXTレベルDL/シーゲイト) 無垢フローリング貼り(オールドブルース ウレタン艶消し/ニッシンイクス
壁:PBt12.5二重貼り下地AEP
天井:PBt12.5二重貼り下地パネル貼り(リアルパネル 特注色/ニッシンイクス) 下がり天井/PBt12.5二重貼り下地AEP
家具・什器:人工大理石(デューンプリマUX/コーリアン) モルタル金鏝押さえ(BM67/モールテックス)トップコート塗布 木突板UCL


武田憲昭・吉澤生馬・山根光星/PROCESS5 DESIGN
2006年、武田憲昭がPROCESS5 DESIGN OFFICEを設立。2009年、吉澤生馬との共同設立によりPROCESS5 DESIGNへと改名。旅館やホテルといった宿泊施設、ブライダル、店舗、オフィス、住宅まで幅広い空間の設計を手掛ける。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram