News

「イームズの正体 Powers of Detail」展

日本デザインコミッティー主催による、第780回デザインギャラリー1953企画展「イームズの正体 Powers of Detail」が、松屋銀座・デザインギャラリー1953にて、9月14日より開催される。
デザイン史に残る名作を数多く遺したミッドセンチュリーの巨匠「チャールズ・イームズ」(1907-1978)のデザインへの考え方や姿勢は、世界中のデザイナーに多大な影響を及ぼした。イームズを慕う一人である寺原芳彦氏(武蔵野美術大学名誉教授)は、イームズがデザインしたプロダクトに関する、文化財的価値の高い図面の保管を託されている。本展では、寺原氏が保管してきたイームズ家具の、原寸大の図面を数十点展示。日本では初公開となる。また、展示とともに、イームズの研究者であり、自身もデザイナーでもある寺原氏ならではの視点で読み解き、図面の細部に潜むイームズデザインの本質を浮かび上がらせる。

 

 

第780回デザインギャラリー1953企画展「イームズの正体 Powers of Detail」
会期:9月14日(水)~11月7日(月)
会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
開館時間:10:00~20:00(最終日17:00閉場)
休館:松屋銀座の営業日に準ずる
入場:無料
https://designcommittee.jp/gallery/2022/08/dg780.html

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram