関東学院大学 横浜・関内キャンパス BACON Books & Café/Nathan Coffee 1884

大学の“知”と“交流”のルーツを体現するカフェ

〈地下1階/BACON Books & Café〉
アメリカの宣教師による、キリスト教の教えを源流にもつ関東学院。その新キャンパスの地下にあるこの空間は、その「伝統のルーツ」を基本コンセプトとしている。伝統・知識・にぎわいが密度濃く集積した空間として、この場所のためだけに選書された書籍が並ぶ「知の貯蔵庫」のイメージが可視化された空間だ。教授や学生だけでなく、一般開放されているこの場所は、隣接するイベントスペースと共に、今後、⺠間企業や学生との交流の場となり、にぎわいを生む拠点としてつながりを生むキャンパスのルーツを根源としながら、これからの歴史を紡ぐ新たな発信拠点としての存在を目指していく。

〈1階/Nathan Coffee 1884〉
キャンパスのファサードに位置するカフェ。対面の路面には緑豊かな公園が広がり、校章としても用いられるキャンパスカラーのオリーブグリーンをショップカラーとしながら、オーガニックテイストの空間とすることで、公園の自然とのつながりを感じさせるような空間にしている。大学のキャンパスという一般の方に「入りにくさ」を感じさせない開放感を創出し、訪れる人々のにぎわいのある交流そのものが、キャンパスのもう一つの顔となるような空間を目指した。
曽根靖裕デザイン事務所

 

「関東学院大学 横浜・関内キャンパス BACON Books & Café/Nathan Coffee 1884」
所在地:横浜市中区万代町1-1-1
オープン:BACON Books & Café/2023年3月17日 Nathan Coffee 1884/2022年12月9日
設計:曽根靖裕デザイン事務所 曽根靖裕
床面積:地下1階268.63㎡ 1階147.85㎡
客席数:地下1階72席 1階52席
Photo:地下1階/ナカサ&パートナーズ 大谷宗平 1階/須合知也

【内外装仕様データ】
〈地下1階/BACON Books & Café〉
床:磁気質タイル貼り(アドヴァンダイナワン名古屋モザイク工業) コンクリートモルタル金ゴテ仕上げコンクリートステイン塗装
壁:LGS組みPBt12.5下地磁気質タイル貼り(名古屋モザイク工業) 塗装 シート貼り(3M) ビニルクロス(サンゲツ
天井:LGS組みPBt12.5下地ケイカル板t9.5 シート貼り(3Mアイカ工業) ビニルクロス(サンゲツ
〈1階/Nathan Coffee 1884〉
床:ビニル床タイル貼り(田島ルーフィング
壁:LGS組みPBt12.5下地EP塗装 ケイカル板t12化粧貼り シート貼り 磁気質タイル貼り(名古屋モザイク工業
天井:LGS組みPBt12.5下地塗装 ビニルクロス(サンゲツ


曽根靖裕/曽根靖裕デザイン事務所
2014年、株式会社曽根靖裕デザイン事務所 設立。建築・インテリア・グラフィック・イベントの企画デザインなど、幅広いジャンルを手掛ける。「そこに集う人がいて、空間は完成する」という考えのもと、クライアントの考えを読み解き、繊細かつ鋭い洞察力で客観的にとらえて形にし、デザインという行為を通じて求められる理想、ビジョンを可視化し、新しい考え方、新しい関係を生み出すことを目指している。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
新作情報その他お問い合わせはこちら!