NAT.BREW

人々をつなぎ地域のコミュニティを醸成するブリュワリー

富山県南砺市井波地域に位置する、クラフトビールのブリュワリー(醸造所)の計画。地元の井波で建設業を営む藤井氏がとなみ青年会議所の研修でオレゴン州ポートランドに訪れた際、クラフトビールのブリュワリーが賑わいや雇用創出等のまちづくりに大きな貢献をしていることに感銘を受け、井波での開業を模索していた。その際、一般社団法人ジソウラボが行っていた移住起業者を伴走支援するプログラム「MAPプロジェクト」に、元ワイン醸造家の望月氏が応募してきたことがきっかけでプロジェクトが始まった。2人の出会いから加速的にプロジェクトは進行し、林業を生業とする地元企業・島田木材の紹介もあり、同社の発祥の地でもある古民家がプロジェクトの場所として決まった。その古民家は、町内の公民館的な役割を果たしていたというストーリーもあり、時代を超えて新たなコミュニティの場所をつくろうと考えた。
コンセプトは「BEER IS COMMUNITY」。藤井氏の長年の夢である、ビールでのコミュニティづくりを実現すべく、地域の人々が集い、時には酒を酌み交わしていた公民館的な大きな土間玄関の空間をタップルームとして計画。人々が集い立ち飲みできる、新たなコミュニティスペースへ生まれ変わらせた。施設内には、町との連続性を高めるために軒下空間に長いロングベンチを設置し、タップルーム内のベンチとひとつながりとすることで、まちの縁側のような空間で風を感じながらビールを楽しめる設えとしている。また、元々は林業を営んでいた建物という歴史性もあり、ビールタップが接続されている業務用冷蔵庫は島田木材が所有する山から切り出されてきた杉の無垢材を4寸角に加工し、積層、全体を包み込むことで、まるで山から切り出されてきたばかりの丸太置場のような空気感を表現している。それを全体の中央に配置することにより、タップルームとショップスペースを緩やかに繋ぎつつ、それぞれの場所の性格を与える効果も出している。
「土着醸造」をテーマに、地元の木材をはじめとする南砺の豊かな食材を原料に、その土地のモノとヒトが織りなすビール業界の新たなマリアージュが楽しめる空間を目指した。元ワイン醸造家の望月氏がつくるワインとビールの技術の融合も今後楽しみなお店になるだろう。(山川智嗣/コラレアルチザンジャパン

 

「NAT.BREW」
所在地:富山県南砺市山見1721
オープン:2023年2月
設計:山川智嗣+コラレアルチザンジャパン一級建築士事務所
床面積:128㎡
客席数:10席(ベンチ)
Photo:大木 賢

【内外装仕様データ】
床:既存下地ブリックタイル貼り モルタル防塵塗装
壁:既存下地ブリックタイル貼り
天井:既存木板塗装仕上げ
家具・什器:カウンター塗装仕上げ


山川智嗣/コラレアルチザンジャパン
建築家。コラレアルチザンジャパン代表取締役
。
富山県生まれ。明治大学理工学部建築学科卒業。日本一の木彫刻のまち富山県南砺市井波にて「お抱え職人文化を再興する」をコンセプトに、ものづくり職人と新たな価値を創造する新しいカタチのデザイン事務所・コラレアルチザンジャパンを運営。日本初の職人に弟子入りできる宿「Bed and Craft」をプロデュースするなどクリエイティブディレクターとしても活躍している。グッドデザイン賞(岩佐十良審査員特別賞)、東京メトロ銀座線駅デザインコンペティション優秀賞等、受賞歴多数。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
新作情報その他お問い合わせはこちら!