SHIRO 砂川本店

ブランドの世界への広がりを表現した同心円状デザイン

コスメブランド「SHIRO」の砂川本店のショップデザイン。発祥の地である北海道砂川にオープンしたSHIROの複合施設「みんなの工場」内に計画したショップは、お客さんが複数の香料を好みの分量で調合しオリジナルのフレグランスをつくることができる「ブレンダーラボ」を併設したものとなっている。ショップの中心に配置した「ブレンダーラボ」は、上部が曲面となり天井につながる円形の柱の周りに12本のガラス容器を取り付け、来店者が柱の周りを回遊しながら好みの香りを探せる構成とした。また、商品を置く平台什器は中央の柱を中心に同心円状に広がる配置とし、様々な方向からアクセスできる正面性の無いレイアウトとなっている。地元の素材を使いたいとの思いから、什器の土台には近隣の森から採れた白樺材を採用し、天板は職人の手によって丁寧に磨き上げられ白い左官材とした。自然に囲まれ豊かな大地が広がる北海道砂川から、SHIROが世界へとさらに広がって欲しいとのメッセージを込めたデザインとなっている。(鬼木孝一郎/鬼木デザインスタジオ

 

「SHIRO 砂川本店」
所在地:北海道砂川市豊沼町54-1 みんなの工場
オープン:2023年4月
設計:鬼木デザインスタジオ
床面積:196.3㎡
Photo:阿野太一

【内外装仕様データ】
床:サクラ材、セン材、ハン材フローリングt15(鈴木木材
壁:PBt12.5下地EP 中央腰壁/鉄骨下地カラーステンレス貼り(日本遠東ケーピーケー
天井:PBt12.5下地EP
家具・什器:天板・木工下地モルタル金鏝仕上げ(ゲーテハウス) 脚・北海道産白樺集成材


鬼木孝一郎/鬼木デザインスタジオ
一級建築士、デザイナー。1977年東京都生まれ。少年時代を英国で過ごし、早稲田大学にて建築を学んだ後、組織設計事務所の日建設計に勤務。その後、デザインオフィスnendoに移り、10年間に渡りチーフディレクターとして国内外の空間デザインを手がける。2015年に独立し、鬼木デザインスタジオを設立。 現在、建築・インテリア・展示会の空間デザインを中心に多方面にて活動している。一級建築士。International Design Awards 金賞(2020)、Sky Design Awards 金賞(2020)、日本空間デザイン賞銅賞(2020)等、受賞歴多数。 2019年に銀座のギャラリー「THE GINZA SPACE」にて個展「CORD/CODE」を開催。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
新製品情報などのお問い合わせはこちら!