News

UDSが4月に野村不動産ホールディングスに株主変更


ホテルや商業空間の設計や運営・企画を行うUDSは、野村不動産ホールディングスがUDS社の全株式を保有する株主となることを発表した。現在の株主である小田急電鉄と野村不動産ホールディングスとの間で締結された株式譲渡契約によるもので、株式譲渡の実行は2024年4月1日の予定。
UDSは1992年に都市デザインシステム(Urban Design System)」として創業。「デザイン」と、事業性と社会性を実現するしくみ=「システム」 で都市を豊かに楽しくすることを掲げている。「世界がワクワクするまちづくり」をビジョンに掲げるUDSが、不動産開発から関連サービスの提供まで幅広い事業を国内外で展開し「未来につながる街づくり」を推進する野村不動産グループの一員となり、グループ成長のための一翼としてホテル事業などを推進していく。また、UDSが幅広い分野において培ってきた企画・設計・運営力と野村不動産グループのネットワーク・開発力とのシナジーによって、地域・社会をより豊かで持続可能なものとしていくための新しい価値を創造することを目指す。

 

 

 

UDS株式会社
所在地:東京都渋谷区
代表取締役社長:黒田 哲二
事業内容:ホテル/旅館、コワーキングスペース、シェアハウス、学生寮、飲食施設、チョコレートショップなどの企画・設計・運営
実績:キッザニア東京、MUJI HOTEL GINZA、ホテル アンテルーム 京都、下北線路街など
http://www.uds-net.co.jp https://www.uds-hotels.com/
https://www.instagram.com/uds_official/

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
新作情報その他お問い合わせはこちら!