鮨處やまだ

鮨屋のストーリーを際立たせる茶室的空間

鮨屋の移転プロジェクト。元々、銀座7丁目のビルの一角に構えていた店舗から、同じ銀座7丁目内にある新築の複合商業施設グランベルスクエアの3階に移転。店内のL型カウンターは10席。天板、付台、俎板には無垢材の檜、床柱には香節の丸太材を使用して、自然素材の風合いを感じさせ、側面は木目調の漆塗風仕上げにすることで空間を演出し、書院造りの茶室としての要素を鮨屋に融合した。カウンターの正面には神棚を設置して、座席の背面には荷置き場を設けて、洋服やバッグ、キャリーケース等が収納できる仕様となっている。品書きは15貫の握りのみで、熟成された種が中心となっており、大将の紡いでいくストーリーを空間として際立たせることを試み、虚飾を排除することで気品ある佇まいを感じさせている。(田中拓志/フェノメナ

 

「鮨處やまだ」
所在地:東京都中央区銀座7-2-18 グランベルスクエア3階
オープン:2023年10月
設計:フェノメナ 田中拓志
床面積:46.87m2
客席数:10席
Photo:山内紀人

【内外装仕様データ】
床:前室/タイル貼り(セロII TL630U D46/アイコットリョーワ) 客席/タイル貼り(モルジュII ブラック BZC-6419M36/アドヴァン
壁:客席/左官材仕上げ(ジョリパット 爽土 美濃白土 撫切り仕上げ/アイカ工業) ファサード/左官材仕上げ(ジョリパットト マイルドプラスターランダム メーカー仕様/アイカ工業
天井:AEP塗装


田中拓志/フェノメナ
1986年、秋田県生まれ。複数のインテリアデザイン事務所を経て、2013年からの6年間、CURIOSITYに在籍。2020年に自身のスタジオとしてフェノメナを設立。時間と空間や物質が与える感覚などに着目し活動している。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
新作情報その他お問い合わせはこちら!