富士見書房/角川学芸出版

角川グループ2社のオフィス移転に伴い、エントランスと各ワークフロアを2社が共用する空間をデザイン。異なる文化と歴史をもった2つの会社が「Flask(フラスコ)」で混ざり合い、新しい文化を生み出すオフィス空間の創造を目指した。ワークフロアの中央に「Flask」と呼ばれるフラスコ型のコミュニケーションエリアを設置。フロアの出入りに各社員が、このエリアを経由することによって出会い、ディスカッションが自然に生まれ、部署、会社の枠を超えたコミュニケーションが生まれる。またエリア内はコーヒーを飲みながら本を読んだり、リラックスしながら作業のできるスペースとして、一人の時間を有効的に活用することのできる共有のリフレッシュエリアとしても機能している。2社共用のエントランスとウェイティングエリアは、「気づき」を与える空間。エントランスからフロアを囲む回廊動線を訪問者が歩くことによって、企業アイデンティティや歴史を自然と体感できるミュージアムのような空間を創造した。ブラックを基調とした落ち着きのある雰囲気のなかに木の質感を活かし、一般的なオフィス感を軽減。フロア全体に角度をつけることによって生まれる奥行きとスペースには、掘り込み型の待合いを兼ねたミーティングエリアやドリンクカウンターのあるラウンジなどをレイアウトし、訪問者と社員が落ち着きのある空間で接することのできるフロアとなっている。回廊の壁面には各社の歴史や代表作の写真や作品を展示。訪問者へ企業ブランドや理念を伝えるとともに、社員のインナーブランディングも兼ねている。(吉田裕美佳+米倉則明/インターオフィス)

  • オフィス「富士見書房/角川学芸出版」
  • 所在地:東京都千代田区富士見2-13-3
  • 開設:2011年9月20日
  • 設計:インターオフィス 吉田裕美佳+米倉則明
  • 床面積:1930㎡(2階530㎡、3階700㎡、4階700㎡)
  • photo:ナカサ&パートナーズ

 

This space is designed for 2 companies which are both in KADOKAWA group, the major publishing company in Japan, to share the entrance and each work floor. We aimed to create an office space where 2 companies with different cultures and histories are mixed in “Flask” and create a new culture. A communication area called “Flask” is located in the center of the work floor. Workers who pass through this area happen to meet each other and then discuss naturally. It results in the communication beyond each department and company. The same area has another function which is to refresh workers. They utilize their time, reading books, having a coffee, and working in a relaxed way. The shared entrance and waiting area gives a below idea to visitors. By walking through from the entrance to the corridor, you can feel the identities and histories of the companies just like you are in a museum. Texture of wood in a black base atmosphere set the space apart from an ordinary office. Concave meeting spaces which are also used for waiting rooms and a lounge space with a drink counter make visitors and workers to talk calmly. Histories, representative photos and works are exhibited on the walls of the corridor. They bring companies’ brand and policy not only to visitors but also to workers which is a kind of inner branding. (Yumika Yoshida + Noriaki Yonekura / interoffice)

 

  • Office【Fujimishobo / Kadokawagakugeishuppan】
  • Location:2-13-3, Fujimi, Chiyoda-ku, Tokyo
  • Open:September 20th, 2011
  • Designer:interoffice Yumika Yoshida + Noriaki Yonekura
  • Floor area:1930㎡(2F 530㎡、3F 700㎡、4F 700㎡)
  • Photo:Nacasa & Partners

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
新作情報その他お問い合わせはこちら!