News

大阪の街を巡る周遊型イベント「Osaka Art & Design 2024」開幕

大阪の街を巡りながら、アートやデザインと出会う機会を生むエリア周遊型のイベントOsaka Art & Design。関西圏のクリエイティブシーンを活性化させることを目指した同イベントが、5月29日(水)から4週間に渡って開催される。イベントでは、大阪の梅田からなんばまでをメインエリアに、55箇所のギャラリーやショップを舞台として、多様なアートやデザインの展示・販売を始めとする約200のコンテンツが展開される。
大阪を代表するラグジュアリーホテル「W大阪」では、新進気鋭のアーティスト・工藤玲のネオン管を用いた作品展「VAPID」を開催し、新たな光の表現に挑む。阪急うめだ本店では、日本を代表する現代美術家・椿昇がディレクターを務める大規模なコンテンポラリーアートフェア「HANKYU ART FAIR 2024」が開催され、「アートと暮らすことの日常化」をテーマに、80名のアーティストたちがその魅力を展示。また、AmbientecやEdra、KAREなどのデザインプロダクトが集う「プレイフル・デザイン・マーケット」も展開される。この他、カッシーナ・イクスシー大阪店では、空間デザイナー・池田励一と黒谷和紙作家・ハタノワタルによる共同インスタレーション「空間の欠片(かけら)」が開催されるなど、各所で個性豊かなクリエイションが展開。「Resonance〜共鳴の拡張〜」をテーマに、展示されるプログラムは属性や領域を超えて互いに響き合い、世界にも共鳴を生み出す。
会期中、「かみと祈り -Paper Altar-」展に関連したOAD2024特別企画として、デザイナー・三澤遥氏と鬼木孝一郎氏によるトークショー(モデレーター:原田祐馬氏)を開催や、OAD2024エリア周遊イベント厳選アイテムをゲットできるスタンプラリーも実施される。また、「HANKYU ART FAIR2024」では、ディレクター・椿昇氏とアートステージ ディレクター・ミヤケマイ氏のコラボトークショーや、関連イベント、ワークショップが多数実施される。

 

 

 

大阪アート&デザイン 2024
会期:2024年5月29日(水)~ 6月25日(火)
エリア:梅田・中之島・天満・京町堀・南船場・心斎橋・なんば 他
主催:大阪アート&デザイン2024 実行委員会
実行委員会メンバー:
大阪ターミナルビル株式会社
株式会社 大丸松坂屋百貨店
株式会社高島屋 大阪店
株式会社阪急阪神百貨店
南海電気鉄道株式会社
阪急電鉄株式会社
(業務代行:阪急阪神不動産株式会社)
一般社団法人梅田1丁目エリアマネジメント
総合プロデューサー:青木昭夫(DESIGNART)
ディレクター:関戸遼(DESIGNART)
コンテンツディレクター:増井辰一郎(Code-a-Machine)
コーディネーター:松原眞由美(IN CO.,LTD)
PR:田原奈央子 / 寺田愛(graf)

大阪アート&デザイン2024
キービジュアルデザイナー:芝野健太
協賛:阪急阪神マーケティングソリューションズ株式会社

https://www.osaka-artanddesign.com/

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
お手掛けの新作物件、新製品情報、広告出稿などのお問い合わせは以下よりお願いします。お問い合わせ