TERASU GYOKUSENIN


「ESSENCE OF LIGHT」をコンセプトとする青森・八戸にある葬祭場「TERASU GYOKUSENIN」。光のシークエンスによる陽光、穏やかな風が感じる要素を設え、アートや素材もコンセプトをイメージして作られたものである。天高のあるメインホールでは、交差した木格子のデザインによって、象徴的なフォルムを作り出した。そのフォルムから漏れる陽光によって、様々な束の間のフォルムを作り出し、視線の動きに合わせた美しい光を感じることができる。光の出現と消滅は、生と死の間の私たちが時の流れの中に存在していることを表している。(袴田広基/ACCA

 

「TERASU GYOKUSENIN」
所在地:青森県八戸市柏崎6-5-3
オープン:2021年5月
設計者名:ACCA 袴田広基
床面積:555㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

【内外装仕様データ】
床:タイル貼り
壁:鉄骨組み タイル貼り(マラッツィアドヴァン) 木突き板貼り染色UCL
天井:共用部/PBt12.5下地AEP 木突き板貼り染色UCL
家具:木軸組み木突き板貼り染色UCL(Bird Office
その他:石オブジェ(大倉山スタジオ) アート(decorwisdome) ネーミング、ロゴデザイン(strate)


袴田広基/ACCA
日本及び海外で活躍するインテリアデザイナー。美的感覚、空間全体への配慮とこだわり、その動的センスによる空間デザインは、他にはない癒し感と快適性を提供する。高い意匠性が求められるアパレルや、ホスピタリティを重視する美容やサロン、特別感を演出する化粧品を中心とした関連企業からのオファーを多く手がける。また、ハイエンドの層からも独創的な空間を提供するデザイナーとして信頼が厚い。

Share