PRODUCTS

ミネベアミツミが小型・軽量化した「SALIOT(サリオ)」の新シリーズを発表

半導体や電子部品を手がける総合部品メーカーのミネベアミツミは、専用スマートフォンアプリ「SALIOT」を使って光をコントロールできる、スマートライティング機器「SALIOT(サリオ)S3シリーズ」を、今年2月に発売する。
同社は、従来からIoT照明器具「SALIOT」Smart Adjustable Light for the Internet Of Things)シリーズを展開。美術館や博物館、ホテル、ショールームなどさまざまな施設で採用されている。同シリーズは、スマートフォンやタブレットを用いて、器具の向きや明るさ、光色、配光角度などを離れたところから操作できる点が特長。
新製品「S3シリーズ」は、サイズ、回路設計、デザインを見直し、大幅な小型・軽量化を実現。さらに、空間を美しく演出するための“光の質”にこだわり、製品を作り込んだという。「Ra90」と「Ra97」という高演色性(※)の2種類をラインナップ。指定した時間に照明器具の向きや明るさを自動で調整できる「タイマー中継器」も同時発売する。

演色性とは、光に照らされたときの、物体の色の見え方(Ra:平均演色性評価数という値)。100に近いほど本来の自然の色を再現できる性質が高い。

 

■製品の特長
.無線可動タイプ最小・最軽量クラス
従来の無線可動タイプのスポットライトから、大幅なダウンサイジングを実現。一般のスポットライトと遜色ないサイズを実現。凹凸の少ない、シンプルでコンパクトなデザイン。

.配光角の変更が可能
灯具の先端を回すことで、配光角を1628°に変更できる。クリック感のある4段階調整で欲しい配光角度を簡単に実現し、目的に合わせて光の大きさを調整することが可能。

.なめらかで静かな動き
明るさや光の向きは専用アプリ、または専用リモコンを操作して調整。動きが非常になめらかで、動作音もほとんどない。空間を静かに演出できるため、開店中のシーン切り替えに最適。

.時間に応じて自動で調整
専用アプリ、専用リモコンで、個別・グループでのコントロールが可能。照明器具の状態を記憶するシーン機能を使うことで効率的に調整することができる。別売りのタイマー中継器を使えば、スケジュールに合わせて自動で光を変化させることも可能。

.専用リモコンでの簡単操作
照明方向の調整、調光・調色、シーンの呼び出しなど、専用リモコンからも簡単に操作ができる。

 

SALIOT S3シリーズ」
発売:20222月(予定)
標準価格:60,000円想定(税別)
https://www.saliot.com/

 

Share