和紙マネキン「Waltz」の受注生産開始


株式会社トーマネは、和紙マネキン「Waltz」(ワルツ)の受注生産を開始した。
和紙マネキン「Waltz」は、茨城県常陸大宮市にある無形文化財「西ノ内和紙」を素材として採用し、FRP(強化プラスチック)を素材とした製品と比較し約80%減の軽量化を実現した。
強度が高く、毛足の長い楮(那須楮)100%を原料とする「西ノ内和紙」と、ナチュラルなものを基本材料とすることで、有機溶剤を一切使用しない製造過程になっている。
またリサイクル観点では、成形した和紙造形を再び和紙に戻すことできるため、従来のFRP(強化プラスチック)を素材としたマネキンの廃棄方法とは違い、可燃物として廃棄をすることができる。

 

株式会社 トーマネ
https://www.tomane.co.jp/

Share