インターオフィスが福岡・警固にショールーム開設

インターオフィスが、九州エリアでの事業拡大に伴い、福岡支店・ショールームを10月19日に開設した。
このショールームは、家具ショールームとしては小振りのワンフロア約40㎡の2階建て、計約80㎡で、あえて“ショーケース”と位置付けている。空間的な特徴として、部屋の広さに比べて天井高が高いこと。設計当初から企図していたもので、床面積よりも空間の質を優先するというコンセプトで、天井高が4mに設定されている。
コンパクトな空間での家具展示は、実際の住宅のリビングやダイニングルーム、オフィスのミーティングルームと近い広さに設定できるので、展示されているソファやダイニングのスケール感を見誤ることがないという利点があるという。また、コンパクトな空間でブランドを絞って展示することで、ブランドのコンセプトやフィロソフィーを伝えやすいという。その試みとして、ニューノルディクデザインを牽引するデンマークの「Muuto(ムート)」の展示からスタートするという。
ショールームの設計を手掛けたのは、ケース・リアルの二俣公一氏。

 

 

インターオフィス福岡支店・ショールーム
所在地:福岡市中央区警固1-4-24 STAGE1 kego
床面積:81.83㎡
設計:ケース・リアル
営業時間:10:00〜18:00(土日祝休み、予約制)
https://www.interoffice.co.jp/

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
お手掛けの新作物件、新製品情報、広告出稿などのお問い合わせは以下よりお願いします。お問い合わせ