“ベーシックを極める”住宅向けの壁紙見本帳を発刊

サンゲツは、住宅向けの壁紙見本帳「2023-2025 SP」を6月29日に発刊した。同見本帳では、「ベーシックを極める」というコンセプトのもと、多様な住空間に活用できるラインアップを追求し、トレンドのグレイッシュカラー、ニーズの高いストレッチ壁紙などの機能性商品が大幅に拡充された。
定番の白無地商品に加え、人気が高まっている石目調のマットなグレイッシュカラーは、モダンなテイストに合うクール系のニュ―トラルグレーからグレージュ、ミルクティーカラー、モカグレーなど、北欧やナチュラルなテイストと合わせやすいウォーム系までさまざまなニュアンスの壁紙を収録。さまざまな箇所で使いやすいストレッチ壁紙は、キズや汚れに強く、ひび割れを軽減する仕様で、グレイッシュカラーや長期継続品を含む36点がラインアップする。見本帳巻頭の「コーディネート写真集」では、部屋別やインテリアテイスト別に流行のカラーやパターン柄を用いた施工例が28ページにわたって紹介されている。その他、業界初となる環境負荷低減を目的とした、非フッ素系の撥水剤(PFCフリー)を使用した商品も収録。

 

 

 


「2023-2025 SP」

発刊日:2023年6月29日(木)
収録点数:105点(新柄率 約29%)
「SP」デジタルカタログ
https://contents.sangetsu.co.jp/digital_book/sp23/

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
お手掛けの新作物件、新製品情報、広告出稿などのお問い合わせは以下よりお願いします。お問い合わせ